0814-g1-1.jpg

落ち着いた雰囲気の空間は、テーブル間隔もゆったりと取られているのがうれしい

好きな部位を心ゆくまで、
シュラスコ料理専門店

猛暑を乗り切るために、スタミナがつく肉料理をお腹いっぱい食べて元気をチャージしたい・・・。そんな願いを叶えてくれるのが、ブラジルのサンパウロに本店を構えるシュラスコ料理専門店「バルバッコア」。こちらで提供される、シュラスコ料理とは、ブラジル式のバーベキューのこと。肉や野菜を長い串に刺して、シュラスケーロという特注オーブンで焼き上げたら、パサドールと呼ばれる専門スタッフが各テーブルを回り、目の前で好きな分だけ切り分けてくれます。

0814-g1-2.jpg

熟練の技でカットされるピッカーニャ。「すごく良い焼き上がりですよ」と話しながら切り分けるパサドールの熟練技に目を奪われる

赤身のおいしさが際立つ、
ブラックアンガス牛

肉のクオリティーにもこだわる「バルバッコア」で使用されているのは、適度なサシと柔らかさを併せ持つブラックアンガス牛。最高温度が900℃にもなる専用シュラスケーロで塊肉をゆっくり回転させながら焼くので、余計な脂分が落ちてヘルシーに仕上がるのもうれしいポイントです。焼きあがった順に、パサドールがいろんな部位や食材を持ってきてくれますが、一番人気はピッカーニャ(イチボ)。繊維質が細かく、口の中でスッと溶けるような食感が特徴です。ほかにも、アルカトラ(ランプ)、フラウジィニア(カイノミ)、ガーリックステーキやローストチキン、焼きパイナップルなどランチ3,000円では12種類、ディナー5,000円では18種類ものメニューが、サラダバーとデザートバーと共に楽しめます。

0814-g1-3.jpg

パサドールは、目の前で肉を切り分けるだけでなく、担当するお肉を準備し、焼き上げ、状態管理までを行うスペシャリストなのです

ブッフェスタイルの、
コロナ対策も万全に

今はマスクを着用したパサドールがテーブルまで運んできてくれる上に、サラダバーやデザートバーの新型コロナウイルス対策もしっかり考えられていて、マスクや手袋の着用、バーのトングの交換などをおこなっているのが特徴です。また、ブッフェ形式の利用を避けたいという旨を伝えれば、盛り合わせたサラダをテーブルまでサーブしてくれるなど、安心して食事ができるよう工夫されています。

0814-g1-4.jpg

種類豊富なサラダバーには、ハラペーニョやピメンタなどブラジル料理には欠かせない辛い食材も

ブラジルらしさあふれる
サラダ&デザートバー

常時40種類以上の新鮮野菜が揃うサラダバーには、あっさりした甘みがあるパルミット(ヤシの新芽)や、食感の良いビーツといったブラジルでポピュラーな食材も並びます。また、デザートバーには砂糖と卵黄、ココナッツで作られるキンジンなど、なかなかほかでは食べられない伝統的ブラジルスイーツも。今は海外旅行も難しい状況ですが、「バルバッコア」に訪れると、ブラジルにプチトリップしているような気分になれ、スタミナも付けられて一石二鳥なひと時を味わえます。


ハービス PLAZA ENT

  • バルバッコア 梅田店
  • 住所 大阪市北区梅田2-2-22 ハービス PLAZA ENT5F
  • 営業 11:00〜15:00(LO14:00) 17:00〜23:00(LO22:00)
    ※新型コロナウイルス感染の影響を受けて22:00までの時短営業中(期間未定)。
    定休日は施設に準じる
  • 電話 06-6343-2900
  • http://barbacoa.jp/umeda/

  • ※この記事は2020年8月14日公開時点での情報です。メニューが季節により変更となる場合、また価格改定の可能性がございますのでご注意ください。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、商業施設の営業時間を変更している可能性がございます。事前にご確認ください。

SHARE

PageTop