1025-g1-1.jpg

場所は大阪新阪急ホテル1階、北玄関そばのスペース。ホテルらしさとカジュアルさを融合し、大人が過ごしやすいスペースに

おひとり様も重宝する、
関西初上陸のグルメ3軒

大阪・梅田の中心部に位置する「大阪新阪急ホテル」に、2019年9月に登場したのが「大阪新阪急ホテルフードホール」。エレガントな雰囲気のホテルに、フードホールのカジュアルさがプラスされた新感覚スポットです。気になるフードは、ハンバーガー、揚げピザ、寿司の3軒で、いずれも西日本初登場。すべてのお店でイートイン・テイクアウトの両方ができるので、その時々に合わせたスタイルで利用して。

1025-g1-2.jpg

teriyaki samurai(テリヤキサムライ)の1,380円、ドリンクとポテトとセットで1,580円(共に税別)。味噌メープルやわさびマヨネーズ、七味など日本の調味料を使用。ちょっとピリ辛の大人の味

とことんうま味を追求した
「UMAMI BURGER」

食材のうま味を最大限に引き出したハンバーガーで世界的にも有名な、ロサンゼルス生まれの「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」。トマトや椎茸をローストし、玉ねぎは約5時間かけて炒めるなど、手の込んだ調理法が美味しさの秘訣です。店内で挽き肉から手作りしたパティも、粗挽きでジューシー。看板商品のumami(ウマミ)1,180円、ハラペーニョ入りのマヨネーズがアクセントの大阪新阪急ホテル店限定spicy jo(スパイシージョー)1,180円など、8種類のハンバーガーとサイドメニューがスタンバイ(共に税別)。自家製のウマミケチャップはトリュフソース入りなので、ぜひお試しを。

1025-g1-3.jpg

店内で鮮魚を捌き、職人が握る本格寿司ながら、ひと皿2貫で95円〜600円(税別)の価格帯で良心的。さらにお得なタイムサービスや、セットものが回っていることも

職人が握る本格寿司を
ひと皿から楽しめる「元祖寿司」

江戸前寿司を気楽にいただける、関東の人気店「元祖寿司」。回転寿司でありながらも、職人が目の前で握ってくれるお寿司がいただけるのが魅力。もちろん、お好みのネタを直接お願いすれば、握り立てを堪能できます。江戸前寿司ではネタにひと手間加えているので、醤油をつけずにいただけるのもポイント。イチオシの本マグロは、気軽なサービストロなら95円から特上大トロが500円(各2貫)まで、バリエーション豊かに楽しめます。ほかにも、みそ汁や茶碗蒸しが160円というお手頃価格もうれしい(全て税別)。

1025-g1-4.jpg

モッツァレラチーズ、トマトソース、オレガノ入りの「CLASSICO(クラシコ)」(500円)やチーズとひき肉入りの「CHEESE & MEAT(チーズアンドミート)」(600円)が人気(全て税別)

「IL PANZEROTTO」で
アツアツの揚げたてピザを

イタリア・プーリア州の伝統料理パンツェロット(揚げピザ)の専門店「IL PANZEROTTO(イル パンツェロット)」。ミラノにある本店と同じ味を提供するため、厳選されたイタリア産の素材を使用し、生地から中身まで手作りするため本場さながらのおいしさです。7種類あり、揚げたてのサクっとした食感の生地に、トロっとあつあつのフィリングがマッチ。チョコレート入りもあるので、メインとおやつとして2個楽しむ人も多いのだそう。イタリア直送のジェラートをはさんだ、ジェラートサンドも人気。


「大阪新阪急ホテルフードホール」

  • 住所 大阪市北区芝田1-1-35 大阪新阪急ホテル1F
  • 営業 11:00〜22:00・無休
  • https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/osakashh/contents/foodhall

  • ※この記事は2019年10月25日公開時点での情報です。商品やメニューが売り切れ、季節により変更となる場合がございますのでご注意ください。

SHARE

PageTop