0510-g1-1.jpg

大きな窓からは心地よい自然光、広々とした店内は「西海岸のオーガニックスーパーによるカフェ」というコンセプトでデザインされたそう

「川西阪急」に誕生した、
スタイリッシュな注目スポット

「心地いい毎日」をテーマに進化し続ける、阪急川西能勢口駅隣接の「川西阪急」。アウトドアグッズやインテリア雑貨、子ども用のアイテムがそろうファミリーエリア「SUNNY & GREEN」に合わせて、フロア初のカフェレストランが、今春4階に登場しました。ママ友会や、子どもと一緒にランチ、カフェとしても重宝し、大人数でも、一人でも使いやすいスタイリッシュで開放感あふれる空間になっています。

0510-g1-2.jpg

オレンジミント、パイナップルキウイなど、フルーツや野菜を使ったデトックスウォーターが約4種。気分に合わせて、セルフサービスで選べます

野菜の魅力を最大限に活かす
カフェレストランです

こちらの「おやさいガーデンTIERRA(ティエラ) カフェ&キッチン」は、「阪急うめだ本店」の「おやさいガーデンTIERRA」の姉妹店。「食生活は体にとって大事なものです。そこで、栄養素を豊富に含む野菜をたっぷり召し上がっていただけるお店を目指しました」と代表・大戸敏正さん。キッチンには野菜専用のシンクがあり、シャキッ、パリッなど心地よい食感と、素材本来の味わいを活かすよう、保存方法や下ごしらえに工夫を凝らしているのだとか。「自家製ドレッシングもご用意はしていますが、シンプルにそのまま食べてもらえるのが理想です」と提案する通り、ぜひ一度そのままでお試しを。

0510-g1-3.jpg

季節野菜のガーデンプレート「アボ豚のローストポーク」1,800円。パンや十二穀米からセレクト可。スープ、アボカドディップ、ドレッシング2種付き。15時までは野菜やパンはお替わり自由(+500円でお替わりを子どもとシェア可能)、15時以降は1ドリンクが無料に(料金は全て税込み)

驚くほどのサラダの量、
さらにランチはお替わり自由

アボカドを食べて育ったオレイン酸豊富な豚を使ったローストポーク、サーモンのカルパッチョなどがセットになった季節野菜のガーデンプレート1,500円~は、驚くほどのボリューム感。全国各地から取り寄せた野菜を楽しめ、仕入れによっては普段目にしないような旬な野菜やフルーツが登場することも。そして、15時までであれば、ビュッフェ台の野菜とフルーツが約10種、パンや十二穀米がお替わり自由というサービスも。パン職人が毎日店内で焼き上げるクロワッサン、バゲットといった定番に加え、菓子パン系なども日替わりで登場し、大満足なセットになっています。また、小さめの木のプレートに盛りつけられた素敵な子ども用セット1,000円(料金は全て税込み)もあります。

0510-g1-4.jpg

左から季節のフルーツパフェ、ニンジンのおやさいパフェ(季節により変更予定)。麩菓子、シリアル、豆乳アイスやホイップなどが美しい層になっている

フルーツや野菜のパフェで、
自分へのちょっとしたご褒美

食後やカフェタイムで人気なのは、パフェ。こちらは管理栄養士が考案し、卵、乳製品などを使わずに作られたもの。定番のさつまいもパフェ、季節のフルーツ、野菜を使った3種・各880円がそろいます。おやさいのパフェでは、コンポートされたニンジンの華やかなフルーティーさとともに、豆乳のヘルシーな気分を味わえるのも女性にとってうれしいポイント。ドリンクのみのカフェ利用ももちろん可能で、有機ブレンドコーヒー430円(料金は全て税込)をはじめ約25種も。「今後はスイーツのバリエーションも増やしたり、テイクアウトメニューなども考案していきたいと思います」と、これからの展開も楽しみにしたいお店です。


川西阪急

  • おやさいガーデンTIERRA カフェ&キッチン
  • 住所 兵庫県川西市栄町26-1 4F
  • 営業 10:00~19:00・定休日は施設に準じる
  • 電話 072-757-1231
  • http://www.hankyu-dept.co.jp/kawanishi/

  • ※この記事は2019年5月10日公開時点での情報です。メニューが売り切れ、季節により変更となる場合がございますのでご注意ください。

SHARE

PageTop